展 示

アルプス システム インテグレーション株式会社

2025年の崖を乗り越える!データ連携のオフショアも可能なALSIで!

2025年の崖と言われる問題の中には、基幹システムの老朽化・肥大化・ERPのサポート期限問題などがあります。
これに対し、システム刷新、クラウドサービスの利用などをまさに今、検討中のお客様も多いのではないでしょうか。

今回、弊社ブースでは、クラウドとERPシステム(オンプレミス)のハイブリッドデータ連携の構築事例など、旬な情報をお届けいたします。
また、IT人材不足の問題にもなる大規模開発に備え、インフォマティカソリューションのオフショア開発の事例につきましても紹介させて頂きます。
是非、ALSIブースにお立ち寄りください。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

データドリブン経営実現に向けたソリューションのご紹介

これまでの"勘"と”経験”に頼った意思決定から、『高品質のデータ』に基づいた意思決定できる姿(=データドリブン経営)にシフトしていくことに対して疑問を持つ企業はありません。
CTCではお客様のデータ品質を高めていくプロジェクト支援の経験に加えて、CTCが持つ強み(マルチベンダー協業やITライフサイクル全般でのサポート等)を活かしてお客様のデータドリブン経営への変革をサポートしており、その一例をご紹介致します。

SCSK株式会社

クイックにはじめられる『セルフ分析基盤サービス』

企業内に散在するデータ資産を有効に活用できていますか?どこに必要なデータがあるのか、所在が分からなくなっていませんか?
そんな課題を解決する、「ユーザ自らデータ資産を探し出して分析を実行できる基盤」を「短期間に構築できる」サービスをご紹介します。

株式会社NTTデータ

データ分析活用の精度とスピードを高める
インフォマティカ × 機械学習自動化プラットフォームDataRobot

AIによるデータ活用の効果を最大限発揮するためには、分析ユーザが必要なときに必要なデータを手に入れられる仕組み、すなわちデータを探索、収集、統合して供給するデータマネジメントが重要です。
ブースでは、高精度の予測と自動化を実現する機械学習自動化プラットフォーム「DataRobot」と、インフォマティカのビッグデータソリューションによる分析データ準備を同時にご覧いただけます。ぜひお立ち寄りください。

日本システムウエア株式会社

IoTプラットフォーム とデータカタログの融合

NSWのIoTプラットフォームとインフォマティカのデータカタログを連携することで、独自のIoTソリューションを提供し、IoT化の促進をご支援いたします。
デバイスのデータ収集、管理などIoTサービス構築に必要な機能を網羅したIoTプラットフォーム「Toami(トアミ)」と散見されている各種データを可視化する「Enterprise Data Catalog」を融合することにより、あらゆる環境内のデータを分類化、自動整理を行い、データ資産の価値と再利用性を最大限に引き出します。

株式会社日立システムズ

マスターデータ管理でビジネスに直結する価値を創出

マスターデータを管理することでシステム統合や業務効率化のみではなく、営業力の強化・CXの向上など、ビジネスに直結する価値を生み出します。
データの収集からデータ利活用へと企業の動きがシフトしていく中で、日立グループはコンサルティングから導入・保守までワンストップでお客様をサポート致します。

三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社

データ統合プロジェクトをサポートするMINDソリューション

MINDは、日本語化開発やお客様のデータ統合プロジェクトに数多く携わってきた豊富な経験を基に、PowerCenterの特長を最大限に活かすためのノウハウを凝縮したサービスを揃え、導入から運用保守までお客様にデータ統合プロジェクトをサポートする企業です。
数多くのお客様にデータ統合プロジェクトをサポートした経験から、PowerCenterの生産性をさらに高める独自の支援ツールを開発し、システム開発担当者の負担軽減や工期短縮、品質向上に導きます。

インフォマティカ・ジャパン株式会社

データマネジメントの最新トレンドを一挙ご紹介

ハイブリッドクラウド・データレイク・AIデータ分析・IoT・規制対応など、データ管理のニーズは多様化する一方です。
インフォマティカソリューションを用いた課題解決方法を実機デモを交えて徹底解説します。
「AI Needs Managed Data and Data Management Needs AI」に触れてみてください!

- データ統合だけじゃないインフォマティカのクラウドサービス
(Informatica Intelligent Cloud Services)
- ソーシャル機能を搭載、みんなで育てるデータカタログ
(Informatica Enterprise Data Catalog / Enterprise Data Preparation)
- 論理メタデータと物理メタデータの連携による効率的なデータガバナンスの実装
(Informatica Axon)

プログラムはこちら