パートナー講演

15:15 - 15:40

「世界の窓」から見える未来、それを支える連携基盤

みなさん、「世界の窓」と聞いて思い浮かぶ企業と言えば?そうです。YKK AP様です。YKK AP様では、取り扱うデータ量、トランザクションの増加にあわせて追加開発を行ったことでシステムが大規模化し、複雑化、属人化という課題が発生していました。
SCSKのセッションでは、世界でも類を見ない1,000を超えるリアルタイム連携を実現させる、強固な連携基盤を作る有効性、従来システムの課題解決のポイント、プロジェクトを遂行する中で発生した問題とその処方箋をご紹介致します。